カテゴリー
博物館・美術館 観光・イベント情報

写真集でたどる入江泰吉の軌跡(昭和45年~) 写真美術館

入江泰吉記念 奈良市写真美術館では「写真集でたどる入江泰吉の軌跡―後期(昭和45年~平成4年)―」を開催しています。
会期は2013年12月23日までです。(12/24~展示替え、そのまま年末年始休館となり2014年は1/4~「入江泰吉 お水取り」です。)
観覧時間: 9:30~17:00 (入館は16:30まで)
入館料: 一般 500円
入江泰吉は昭和45年以降、最初の本格的カラー写真集『古色大和路』(保育社)を手始めに、平成4年の『東大寺』(小学館)まで、毎年数冊を発表しています。
また、作品の集大成として『入江泰吉写真全集(全8巻)』(いずれも集英社)をシリーズで刊行するなど、精力的に活動しています。
本展は写真集などに収録された作品とそれらの書籍を通じて入江の軌跡をたどります。
今回は「後期展」として、本格的なカラー写真の時代を迎え、入江が新たな大和路の表現法を模索しながら撮り続けた作品から、最後まで現役の写真家であることを貫いた晩年の作品までを紹介します。
(同館公式サイトより抜粋)
奈良市写真美術館公式
問合先: 奈良市写真美術館 TEL: 0742-22-9811
なお、同館では地階にて2013年10月26日(土)~12月8日(日)の間、解説パネル展示「秋の撮りかたワンポイントアドバイス」を行っています。11月16日(土)、17日(日)、23日(土)、24日(日)各日午後1時と3時
同館技術員による解説も行います。(場所: 地階ギャラリー、申込不要・参加無料)