カテゴリー
地域情報 寺社 講演・公演・上映 遺跡・文化財関係

吉野で伝統の「国栖奏」

2014年2月14日 奈良新聞
壬申の乱(672年)に際して大海人皇子(後の天武天皇)を助けたとされる吉野の「国栖族」に伝わる「国栖奏」(県無形民俗文化財)が2014年2月13日、吉野町南国栖の浄見原神社で行われました。
古事記や日本書紀の記述によると、応神天皇の吉野行幸でも舞われたとされています。即位した天武天皇は「翁(おきな)の舞」と呼び、宮中で奏上させたと記録にあります。国栖の人々は感激し、同神社で天皇をまつったといわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です