カテゴリー
地域情報 寺社

法華寺でサンシュユの花が見ごろ

法華寺(奈良市)で、境内の庭園「華楽園」に植えられたサンシュユの花が見ごろを迎えています。
サンシュユは中国や朝鮮半島が原産のミズキ目ミズキ科の落葉小高木です。日本には江戸時代に渡来し、薬用植物として栽培されるようになりました。ヤマグミやハルコガネバナなどともよばれます。
2014年3月26日 奈良新聞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です