カテゴリー
寺社 観光・イベント情報

東大寺でお練りが営まれました

東大寺(奈良市)大仏殿で2013年10月19日に、「融通念仏・聖聚来迎(しょうじゅらいごう)東大寺法要」(融通念仏宗第十教区主催)が営まれました。
元禄時代に復興した大仏開眼法要には、融通念仏宗から大通上人ら数百人が出仕したほか、第59世山上戒全(やまがみ・かいぜん)大僧正が華厳学を東大寺に出講した記録などが残されており、融通念仏宗と東大寺には深い縁があるとされています。
法要では大仏を背景に、雅楽の音色に合わせて、華麗な装束をまとった観世音菩薩や勢至菩薩など10体による「練供養(お練り)」が行われました。
法要の後は境内の金鐘会館で、狭川宗玄長老の記念講演会も開催されました。
2013年10月21日 奈良新聞