カテゴリー
地域情報 宮跡・古城 遺跡・文化財関係

平城宮跡復元整備案提示 ~国交省委員会

国土交通省の国営平城宮跡歴史公園(奈良市)第一次大極殿院建造物復原整備検討委員会(委員長・田中哲雄元東北芸術工科大学教授)が2013年10月11日に開催されました。その席で築地回廊などの復元整備案が示されました。また南面回廊基壇の一部などを今年度中に着工する方針も示され、了承されました。
【筆者注】平城宮跡については、近年まで限定的な復元にとどまって、大部分が更地となっていましたが、2010年の遷都1300年祭に向けた朱雀門、大極殿の復元に始まり、往事の状況を再現する施設の整備が進められています。観光客が当時の様子を容易に想像できるというメリットが強調されていますが、形式的に建物を復元するだけでなく実際にそれぞれの建物がどのように利用されたかなど、平城宮の姿を正しく理解できるようにする工夫はこれからの課題と思われます。
2013年10月12日 奈良新聞