カテゴリー
地域情報 遺跡・文化財関係 集落遺跡

山添村の丘陵で中世の集落墓地

山添村大塩で県道の拡幅工事に伴い、県立橿原考古学研究所が行った発掘調査で、室町~安土桃山時代(15~16世紀)の墓地が見つかりました。
板石の周りを石で囲んだ火葬墓など総数37基の墓が見つかり、2013年10月5日に地元向けの現地説明会を開きました。同研究所によると「集落の墓地の全容が分かる貴重な例」との事です。
2013年10月6日 奈良新聞