カテゴリー
地域情報

在来種の粟「ムコダマシ」収穫間近

奈良市高樋町で「幻の粟」ともいわれる「ムコダマシ」が復活し、間もなく収穫を迎えます。
同町を中心とする五ケ谷営農協議会の会員のらが地区の特産にと育てているものです。5年ほど前から試験的に栽培し、今年初めて本格的に出荷できるまでになったとのことです。
採れた粟は同町の「清澄の里粟」で創作和菓子「粟生」の原料となります。

地図のポインタは高樋の集落中心部の位置です。
2013年10月8日 奈良新聞