カテゴリー
地域情報 遺跡・文化財関係

国連世界観光機関事務局長が奈良に来訪

「JATA旅博2013」(日本旅行業協会主催)出席のため来日していた、国連世界観光機関事務局長らが2013年9月16日に奈良を訪れ法隆寺や東大寺を視察しました。
斑鳩町の法隆寺では寺関係者に案内されて伽藍を見学し、「使える部材をできるだけ残して補修をしている」など修理方法や金堂の壁画が焼失した経緯などについて説明を受けました。
2013年9月17日 奈良新聞