カテゴリー
地域情報

台風で各地に被害

2013年9月16日、台風18号により奈良市内ほか県内各所で被害がありました。
詳細はまだ判明していませんが、NHK報道によると奈良市の中心部を流れる能登川の水位が上がり、午前6時すぎに肘塚町に架かる橋が流されたということです。
また奈良市写真美術館では、電気設備が冠水し16日は臨時休館となりました。
【筆者注】
被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げるとともに、早期の復旧をお祈りいたします。
追記(9/17 18:30)
明日香村栢森(かやのもり)では、住民の男性(57)が16日午前6時ごろ、自宅付近で土砂の撤去作業中、土砂崩れに巻き込まれて胸を骨折する大けがをしたとのことです。
生駒市では複数箇所で土砂崩れがあり、駐車場に駐車中の車3台が川に流されるなどの被害があったとのことです。
2013.9.17 MSN産経ニュース
追記(9/18 17:30)
法隆寺(斑鳩町)で建物の一部や土塀が損傷し、海龍王寺では表門の壁土が剥落するなど文化財への被害も判明してきています。また、壺阪寺(高取町)では旧参道が崩落し、土砂や水が境内に流れ込む被害がありました。
法隆寺 9/18 奈良新聞 | 海龍王寺 9/17 奈良新聞 | 壺阪寺 9/18 奈良新聞
追記 (9/20 13:00)
県文化財保護課は、吉野町吉野山の吉水神社書院(重要文化財、室町前期)など4カ所で新たに雨漏りなどの被害が見付かったと発表しました。
2013年9月20日 奈良新聞