カテゴリー
寺社 遺跡・文化財関係

喜光寺、行基堂新築の地鎮祭

2013年7月22日、喜光寺(奈良市)で行基堂新築の無事を祈り「穿初(うがちぞめ)の儀」とよばれる地鎮祭が行われました。行基堂は行基菩薩坐像を安置する堂で、来春に落慶法要を予定しています。
喜光寺は行基菩薩が養老5年(721)に創建したと伝わり、同寺の行基菩薩坐像は、唐招提寺所蔵の行基菩薩坐像(重文)を複製したものです。
ご本尊・阿弥陀如来坐像は平安時代作の木彫寄木造の丈六仏(像高2.33 m)で、重要文化財に指定されています。
問合先: 喜光寺 TEL: 0742-45-4630
2013年7月23日 奈良新聞