カテゴリー
寺社 遺跡・文化財関係

元興寺で桔梗が見頃

世界遺産に指定されている元興寺(奈良市)の境内で桔梗の花が見頃を迎えています。
桔梗は境内の石仏の並ぶ浮図田(ふとでん)に植えられています。元興寺の瓦を焼いた飛鳥時代の瓦師の供養のため現住職が植えたのが始まりとのことです。
9月29日までの土日曜と祝日、境内で「元興寺お休み処」が開かれ、大和茶の試飲などもおこなわれます。また、2013年7月20日~8月18日の間、奈良時代の瓦に触れることができます。
2013年7月16日 奈良新聞