カテゴリー
観光・イベント情報

大僧正行基展 吹田市で開催中

大阪府吹田市立博物館では企画展「大僧正行基展 なぜ菩薩とよばれたか」を下記により開催中です。
会期: 平成25(2013)年4月20日(土)~6月2日(日)
開館時間: 09時30分~17時15分
休館日: 月曜、ただし祝日・休日の場合は火曜
観覧料:一般200円
近鉄奈良駅前に立像のある行基は、東大寺大仏の造営に関わったほか、民衆のため橋つくりや潅漑・治水などの社会事業に尽力しました。
当時僧侶が市井で活動することは近似されており、朝廷は行基の活動を禁圧しましたが大仏の造営にあたって行基に協力を依頼し、大僧正の位を贈りました。
朝廷はなぜ行基を認め利用したのか、そしてなぜ行基は人々から菩薩とよばれたのか、といった疑問を考える展示です。
吹田市立博物館 特別展案内
問合先: 吹田市立博物館 TEL: 06-6338-5500
【筆者注】
大阪府でのイベントですが、奈良と縁の深い人物がテーマですので本ブログで紹介します。なお、同会場で下記のイベントが予定されています。
[講演会]
・5月12日(日曜) 午後2時~3時30分
「行基の山崎橋と山崎院」  講師/大山崎町教育委員会 古閑正浩氏
・5月18日(土曜) 午後2時~3時30分
「行基の仏教と国家観」  講師/奈良県立図書情報館長 千田稔氏
・5月26日(日曜) 午後2時~3時30分
「土塔の建立からみた行基の活動」  講師/堺市文化財課 近藤康司氏
[歴史講座]
・5月4日(土曜・祝) 午後2時~3時30分
「行基をめぐる美術」  講師/同館学芸員 寺澤慎吾
・5月19日(日曜) 午後2時~3時30分
「行基と吹田」  講師/同館学芸員 池田直子
場所はいずれも同館2階講座室 参加無料
他にギャラリートーク、体験講座(申込制)、見学会(申込制)など多彩な関連イベントがあります。詳しい内容や申込方法等は同館公式サイトをご覧になるか、直接お尋ねください。