カテゴリー
観光・イベント情報

東大寺特別公開 4/8~

東大寺(奈良市)では2013年4月下記の特別公開を行います。一日限りのものもありますので期日にご注意ください。
4月10日(水)~4月14日(日)
天皇殿特別拝観並びに東大寺本坊襖絵一般公開
東大寺本坊(南大門北西・勅使門が出入口になります)
午前10時~午後5時(入場は閉門30分前まで)
拝観料: 一般 1000円
日本画家小泉淳作画伯が5年がかりで描かれた「東大寺本坊襖絵四十面」等を公開します。1998(平成10)年に千手堂が罹災した折、本尊厨子扉絵も図柄が剥落しましたが、2010年から3年を要して扉絵が修復されました。その完成を記念して厨子絵の背面のみ本坊にて展示し、併せて千手堂も特別公開します。(東大寺公式より抜粋編集)
4月8日(月)~4月14日(日)
千手堂特別公開 (戒壇堂から西へ約100m)
時間: 午前10時~午後4時(入堂は閉門30分前まで)
拝観料: 一般 500円
4月12日(金) 毎年同日
公慶堂特別公開
時間: 10時頃~法要 終了後16:00まで開扉。
拝観料: 一般 500円
東大寺公式 催事一覧
各行事拝観料による収益は東日本大震災及び奈良県大水害被災地への支援金として使用されます。
問合先: 東大寺 TEL: 0742-22-5511
【筆者注】
東大寺は震災直後から僧侶が現地を訪問しての慰霊や、大仏殿などでの犠牲者供養法要を繰り返し実施しています。震災の起こったときは修二会の最中でしたが、俗世から隔絶して参籠している練行衆にも災害の知らせが届けられ、急遽祈祷文に犠牲者供養の言葉が加えられたそうです。本年の3月11日にも参籠していない「留守番」の僧侶たちにより大仏殿で三回忌供養の法要を行いました。
また、震災後まもなく日本赤十字社に多額の寄付を行い、当座の資金繰りのため借金をしています。檀家を持たない東大寺による災害復興支援の趣旨をご理解ください。