カテゴリー
地域情報

橿原市「最古の国道交差点」 大道整備1400年

 「日本書紀」には、推古天皇21年(西暦613年)の出来事として難波(大阪市)と飛鳥(奈良県明日香村)を結ぶ「大道(おおじ)」が整備されたことが記載されており、今年(2013年)で1400年を迎えたことになります。
橿原市では同市北八木町、八木町にある、大道の一部である「横大路」と、「下ツ道(しもつみち)」が交わる場所を「最古の国道交差点」としてアピールし、様々な記念行事を展開します。
9月に中国や韓国の研究者を招き、古代の文化交流をテーマにしたシンポジウムのほか、ミニコンサート、映画上映会などの開催を予定しています。
2013年3月30日には、近鉄・大阪阿部野橋駅で記念行事(11:00~12:00)が開幕し、近畿日本ツーリストの主催により大阪から明日香を訪ねる記念列車によるツアーが実施されます。
読売新聞 2013/3/05
奈良県公式 記紀・万葉プロジェクト 記念専用列車「竹内街道・横大路(大道)1400年号で行く! ご当地キャラクターの旅
問合先
橿原市観光課 TEL:0744-21-1115
橿原市観光協会 TEL: 0744-20-1123
記念列車ツアーに関しては、近畿日本ツーリスト TEL: 06-6535-8640