カテゴリー
遺跡・文化財関係

吉野山ロープウエイ 機械遺産に指定

日本機械学会(東京都新宿区)は本年度新たに機械遺産として5件を指定しました。その中で累計52件目の指定として「吉野山ロープウエイ」(吉野郡吉野町)が含まれています。
同ロープウエイが国内現役最古のロープウェイであり、架設当初の形態を現在までよく保つものとしては世界最古級であることが認定の理由です。架線支持部材や支柱は、架設した安全索道商会(現・安全索道)の保守により、80年以上経過した現在でも現役であり、これらは当時のわが国の材料力学、金属材料技術の優秀さを示す証といえるものです。
(機械学会公式サイトより抜粋編集)
日本機械学会 機械遺産 No.52 吉野山ロープウエイ
吉野大峯ケーブル自動車