カテゴリー
遺跡・文化財関係

薬師寺、新しい防災設備完成

薬師寺(奈良市)で最新の防災設備が完成しました。
文化財に「万一」があった場合に備え、従来から火災報知器や放水銃などの設備がありましたが、それらがより災害に強い設備に更新されました。
放水銃は、地震で給水管が折れてしまうと、放水できなくなります。そのため、従来の金属製よりも地震に強い樹脂製の物に更新されました。樹脂製の配管が地震に強いことは、中越地震の際に実証されているとのことです。
また放水銃本体も炎や煙を感知して自動的に作動する首振り式の物に更新されたほか、火災検知器や受信設備も一新されました。
奈良新聞10/18