カテゴリー
遺跡・文化財関係

薬師寺東塔、ハイテク計測

解体修理中の薬師寺東塔で、レーザーを用いた寸法計測が行われました。本格的な解体に先立ち、各部の間隔を正確に計る物で、レーザー光を用いて測定点を特定し、測定点間を巻尺で高精度に測定しました。測定データは塔を元通り組み立てる際に重要となる。
朝日新聞 (7/26)