カテゴリー
遺跡・文化財関係

磐之媛命陵でカキツバタが見頃(佐紀古墳群)

奈良市佐紀町の佐紀古墳群にある「磐之媛命(いわのひめのみこと)陵」でカキツバタが見頃を迎えています。初夏には御陵の濠にスイレンの花も咲くとのこと。
奈良新聞5/14
【筆者注】磐之媛命は古代葛城地方の豪族の娘で、仁徳天皇の皇后だったといわれています。この時期について、日本書紀の記録は必ずしも信頼できるとは限らず、陵墓の比定についても確実な物ではないという意見もあるようですが、全長200 mを超える壮大な前方後円墳は、当時の皇室の権力の大きさを物語る物と考えられます。陵墓を取り囲む美しい花を愛でながら遠い時代に思いを馳せるのも良い物です。